It’s the End of the World and We’re Okay With That: Looking at the Apocalyptic in Japanese Pop Culture

When you imagine an apocalypse, what comes to mind?  Probably images of destruction: ruined buildings, cities devoid of living people, a permeating sense of sadness and loss.  In reality, these are all things we fear.  Yet, the apocalyptic is one of the most prominent genres in Japanese pop culture.  Why is that so?

Prewar Origins: Natural Disasters, Mono no Aware and Mappō

Contrary to popular belief, Japanese culture was suffused with imaginations of the apocalyptic before postwar Japan.  That does not mean to say that the bombings of Hiroshima and Nagasaki, among other disasters, did not propagate an intense focus on the genre.  It merely asserts that the concern had already been established.

The Great Wave off Kanagawa, by Hokusai, 1820's.

The Great Wave off Kanagawa, by Hokusai, 1820’s.

To start off, Japan as a nation has had its fair share of natural disasters.  The country is located near two converging tectonic plates and is at the edge of the Pacific Ocean.  This means that Japan has constantly been subjected to a number of typhoons, volcanic eruptions, tsunamis and earthquakes over the course of its history.  In short, the destruction associated with those natural disasters had already become a part of Japanese culture over time.  A great example of this would be The Great Wave off Kanagawa by Hokusai, the image of a giant wave towering over Mt. Fuji being one of the most popular images associated with Japan today.

 

Japan Sinks, comic cover for the manga by Sakyo Komatsu

Japan Sinks, comic cover for the manga by Sakyo Komatsu

 

Another one of the earlier fundamental elements of the apocalyptic exclusive to Japanese culture is the concept of Mono no Aware.  The philosophy revolves around the awareness of impermanence.  This was developed in the Heian period, when a scholar named Motoori Norinaga wrote a critique on the famous Tale of Genji (Yoda).  His critique was the basis for the literary philosophy, which ended up being a major influence in Japanese culture.

 

Nausicaa of the Valley of the Wind, by Hayao Miyazaki

Nausicaa of the Valley of the Wind, by Hayao Miyazaki

 

The concept of Mappō is also an apocalyptic doctrine that has been present since Japan’s Kamakura Period.  As Susan Napier states, “Mappō revolves around the idea of a destroyed word being saved by a religious figure, who in this case was the Maitreyea Buddha” (252).  One of the best examples that has demonstrated this concept in Japanese popular culture was Hayao Miyazaki’s Nausicaa of the Valley of the Wind, where Nausicaa posed as the messianic figure that diverted the strife between humans and insects of a toxic jungle.

 

 

Postwar Origins: Unnatural Disasters and the Creation of Kaiju Eiga

Undoubtedly, Japan’s fascination with the apocalyptic grew exponentially postwar.  Japan is the only country that has ever been subjected to atomic attack, and many aspects of its pop culture were influenced by such events.

The Original Godzilla

The original Gojira, off the set

Gojira, the iconic monster that decimated Tokyo in films of the postwar era, was a creative response to the unnatural disasters that wrecked Japan in 1945 and 1954.  The Lucky Dragon incident of 1954, in which the United States’ Atomic Energy Commission set off a thermonuclear bomb near a Japanese fishing boat, brought back the fear associated with nuclear destruction (Szczepanski).

Such incidents, including elements that were present in Japanese culture before World War Two, are good reason to support why the apocalyptic genre is and continues to be a significant theme in Japanese popular culture.

Gojira’s creation led to the popularity of the monster film genre in Japan, or the kaiju eiga.  According to Gyan Prakash, kaiju eiga are a result of  “’mass trauma that exists over the use of nuclear weapons and the possibility of future nuclear wars’ while also reveling in the aesthetics of destruction….the peculiar beauties to be found in wreaking havoc, in making a mess” (107).

YouTube Preview Image

 

With the continual presence of natural disasters in Japan and the foundations of Mono no Aware and Mappō doctrine already in place, the atomic bombs at Hiroshima and Nagasaki, as well as the Lucky Dragon incident, set the stage for the rise of the apocalyptic genre in Japanese popular culture.

 

Discussion Questions:

1.  Godzilla spawned the beginning of the kaiju eiga genre in Japan.  Do you think the 2014 reboot was influenced primarily by the disaster at Fukushima (addressing a grand narrative) or because we just want to see big monsters fight it out (Azuma’s database)?

2.  Do you think that the apocalyptic genre has changed over time?  For example, it is said that the genre has become more optimistic in recent years, compared to the nihilistic qualities of the apocalyptic genre in the 1970’s and 80’s.

 

Sources:

Napier, Susan Jolliffe. Anime from Akira to Howl’s Moving Castle: Experiencing Contemporary Japanese Animation. New York: Palgrave Macmillan, 2005.

Prakash, Gyan. Noir Urbanisms: Dystopic Images of the Modern City. Princeton: Princeton University Press, 2010.

Szczepanski, Kallie. “Lucky Dragon Incident | Bikini Atoll Tests and Japanese Fishermen.” http://asianhistory.about.com/od/japan/p/Lucky-Dragon-Nuclear-Incident.htm.

Yoda, Tomiko. “Fractured Dialogues: Mono No Aware and Poetic Communication in The Tale of Genji.” Harvard Journal of Asiatic Studies Vol. 59, no. No. 2 (1999).

Blood-Spattered Innocents: The Cachet of the ‘Grotesque Cute’

by Gregory Ranzini

Uh, ouch?

Introduction: Attack of the Cake-Demon

At 11:56, on January 20, 2011, the popular Western imageboard 4chan’s (link not safe for work/life/anything) anime and manga board, /a/, was watching live Japanese TV. This was not, in itself, unusual- although not as (in)famous as its sister board /b/, /a/ too boasts a very active community of Internet addicts more than willing to while away a few hours in the middle of the day (or night) with scabrous chatter and streaming video. Nor was their choice of show particularly surprising: Mahou Shoujo Madoka Magica,, a mahou shoujo (‘magical girl’) program from the reliably competent SHAFT Animation that had been getting muted, but positive, buzz. It was not shaping up to be overly original, of course, but that was beside the point. Madoka was being marketed as a genre piece; therefore, as with many such codified forms, its appeal was one of familiarity: an ‘ordinary’ middle-school girl is offered supernatural powers, accessed through a talismanic gem and associated with a change in costume, that she might fight for her ideals and to protect others. [Read more…]

Rock Music

English

日本にはロック音楽が1960年代から始まりました。ビートルズやローリングストーンズなどのバンドの影響で日本の歌謡曲がロックに変えました。ロックが日本に長い間あったけど、不景気にロックの人気が突然に上がりました。その上、不景気に音楽が様々なメヂアに出て来ました。例えば、ポップ音楽がアニメやドラマのテーマソングになったことがありました。その理由で、日本のエンタメ文化が大分に音楽に関われました。

若者に就いて音楽が自分のことを映しているから、音楽は大勢なサブカルチャーな一部です。例えば、アニメおたくは好きなアニメのテーマソングを聞いています。もちろんアイドルのファンはアイドルの曲を聞いているし、スタイルも擬します。移動労働からひきこもりまで皆が音楽を聞いているから、音楽がそんなにカルチャーに就いて重要です。

YouTube Preview Image

年表:

  • 1960年代 - ビートルズやローリングストーンズなどの西洋音楽の影響でグループサウンズが1950年代の日本歌謡曲から生まれた。グループサウンズは日本の初ロックジャンルだった。
  • 1967年 - 株式会社オリコンが作った。オリコンは日本音楽のデータを集めて、チャートでバンドをランキングしている。
  • 1970年代 - プログレシブロックの変革がuサイケデリックロックから離れた。
  • 1978年 - YMOが作った。YMOの影響でエレクトロポップが人気なジャンルになった。
  • 1980年代 - オルタナティブロックやノイズロックが人気なジャンルになった。それで、ロックの中に色んなジャンルがうまれた。たとえばハードコアやパンクやヘヴィメタルなどのジャンルが生まれた。
  • 1982年 -エックスジャパンが作った。エックスジャパンはヴィジュアル系の中で魁した。
  • 1990年代 - ポップミュウジックがほかのメディアで使うことが増えた。そして1980年代生まれたバンドがもっと人気になった。
  • 1997年 - フジロックフェスティバルが始まった。それ以外に、色んなほかのロックフェスティバルが後で始まった。
  • 1999年 - GLAYのコンサートに二十万人が来た。それが日本の一番大きいなコンサートだった。

外部リンク:

フジロックフェスティバルに就いて

会場内の移動は徒歩です。きれいに整備された道等は無く、ほとんどの場所が土や砂利の上です。当然、雨が降れば会場内のいたる所がぬかるみます。来場者全員が雨宿りできる場所もありません。通常の「コンサート」や「イベント」の様に係員が大勢いて事細かに案内、誘導等をすることもありません。会場内にある複数のステージはほとんどが同時進行し、出演者を全て観ることも不可能ですし、ステージによっては入場規制がかかり、観たいアーティストが観れない場合もあります。会場内の仮設トイレは長時間並ぶこともあるし、紙が無くなる場合もあります。混雑している場合は入場ゲートから一番奥のオレンジコートまで30 分以上かかることもあります。

当然LIVEは生き物ですので各ステージの時間が早まったり、遅れたりして、皆さんが事前に立てたスケジュールが崩れてしまうこともあります。3日間で 200近いアーティストが出演することもあり、不慮のアクシデントにより、お目当ての出演者が急遽キャンセルになってしまう場合も考えられます。また、事務局が運営などに支障をきたすと判断した場合、その告知時期・方法に関わらず運営上のルールを変更する場合もございます。もちろん、この様なことが起こらないように最善の努力を尽くしますが、もしこの様なキャンセルや運営上のルール変更があってもチケットの払い戻し等の対応は一切行いません。

このフェスティバルに来場される方は「自分勝手」「他人任せ」という言葉は捨てていただき、「Do It Yourself」「助け合い」「自然を敬う」という心と共に来場していただきます。

こんな都会生活とかけ離れたフェスティバルではありますが、日常の生活から離れ、「大自然」の中、自由なスタイルで「音楽」を楽しめる場所がそこには存在します。この場所に来なければわからない、言葉には表せない素晴らしい空間と感動があります。

最低限のルールは存在しますが、このフェスティバルの期間中、皆さんが思い思いのスタイルでこのフェスティバルを楽しんでいただける場を提供いたします。皆さんで力を合わせ、このフェスティバルをおおいに楽しみましょう。もちろん、われわれスタッフ一同、音楽の力を信じて全力で創り上げていきます。

オリコンスタイルホームペイジ

  • 日本エンタメニュース、それでCDシングルランキングとCDアルバムランキング

X Japan ホームペイジ

  • 有名なスピードメタルバンド

2009フジロックフェスティバルホームペイジ

  • 今年のフジロックフェスティバル

寄稿者: ウイリアム・へ

Akiba & Otaku

English

YouTube Preview Image

年表:秋葉原電気街

● 1980 年代:ファミコンの普及に伴って、各種コンピューターゲームソフトを扱う店が増え始める。

● 1990 年代:郊外型やカメラ系の家電量販店の台頭で家電売り上げが減少。

● 1994 年:パソコンパーツを扱う店舗が増え始める。

● 2000 年:メーカー製コンピュータの販売と高級オーディオ機器販売店の規模が縮小し、「オタクショップ」が増える。

● 2008 年:正午過ぎに中央通りと神田明神通りの交差点で無差別殺傷事件が発生。

外部リンク

“オタク4世代論 アキバ王が語るオタクの’ライト化’” (IT Media, 03/19/08):から

ライトなオタクが増え、オタク文化が広まっていると肌で感じるという。「ハルヒって何?――とオタクではない知り合いに聞かれたんです」と寺尾さんは驚 いた様子で話す。電気通信大学に通う学生でもある寺尾さんは、学校で学生が「ニコニコ動画」について話しているのもよく耳にするという。

「車マニアもアニメマニアもオタク。CDをタワーレコードで買うのもアニメイトで買うのも、やってることは変わらない。メジャーかマイナーか、ちょっとした違い。アキバブームによって、人は誰でもオタクだという認識が広まった気がする」

“I’m alone, but not lonely” (Grassmuck, Volker)

Volker Grassmuckオタクの世界を論議する

“Meet the Geek Elite” (Wired Magazine, July 2006)

● WIred サラリーマンありながらオタクある梅田こうたさんを

Fashion

English

日本サブルカルチャーのファッションを研究しています。 日本サブルカルチャーのファッションは 多くの種類があって 世代が変わって時間が経ちながら変化しました。 ファッションは彼らばかりの特徴があって, これはその時代文化に関連になっています。そして、メヂアとマニアに影響を与えたしこれは、日本社会に衝撃と同時に進歩的な考えを持って来ました。この現 象を研究したいです。
サブルカルチャーファッションの代表的事例としては「ロリータファッション」と「バンクファッション」と「コスチューム・プ レー」です。これらの各種特徴を研究したいです。それから、いろいろなサブルカルチャーファッションのを見られるファッションのメッカ、原宿, 銀座、お台場、新宿区、渋谷区都 で都市を研究したいです。

YouTube Preview Image

年表:ファッション

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

外部リンク

[「連想されるスタイル」wapedia]:から

前述のカリスマ、セックス・ピストルズの典型的なスタイル。寝癖のような髪の毛、引き裂いたシャツやジーンズなどに身を包み、チェーン、安全ピンなどをアクセサリーにし、しばしば反逆的で過激なイメージを強調する。女性の場合は、コルセットやボンデージなどを取り入れたアイテムや、ミニスカートなど。髪型は髪色を派手に染める他、ベリーショートなども多い。他に、鋲打ちの黒革のジャンパーや細いパンツ、リストバンドやシルバーアクセサリーなどの意匠も加わっている事がある。しかし、パンクロッカーの多くがこのようなファッションをしているわけではなく、またパンクファッションをしている者がパンクロッカーとは限らない。

また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは髑髏(スカル)がモチーフとして使用される事がよくある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「死」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「反戦」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。

日本では、海外よりも通常のロックとパンクが混同されて見られている傾向が極端に強い。単に軽いロック系のファッションでもパンクロックスタイルとされてしまう場合が多く、実際のパンクファッションを見たことがない人が多い。

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun