貢献者の伝記: Mike Blum

English | Japanese

マイクにウィリアムの&の大学からの英文学でMAがある; メリーはウィリアムの&で教え、; ヴァージニアのメリー、大学、およびトマスネルソンのコミュニティ・カレッジ。 彼は2001年以来の大学に学術の科学技術者であり、その役割で大学の学術の代表団を助けて無数のウェブサイトおよび他の資源を開発した。 [Read more…]

ソング·ソギュ

English | Japanese

1988年に生まれ。出身は韓国。ウィリアム・アンド・メアリビジネス学校で会計学を専攻している三年生です。今学期日本文学のクラスも取っていますから難しそうで緊張してい ます。日本語の勉強は単純に学校の必要な外国語こうもくで始めましたが、どのぐらいしてみたら、私のスキルになるまでつづくのがいいだとおもっています。

このブログで研究題を持って寄与しようと思っています。

ウイリアム・へ

Japanese | English

僕がウイリアムへと名乗る。ウイリアム・アンドメリー大学の四年生で、日本語が四年間しか勉強していなかった。僕の日本についての興味が高校のころから生 まれた。高校の時に、日本語がとり始めて、じゅじつも練習して始めた。日本語がもっと理解できるようになった時、アニソンとか日本からの音楽を聞いた。よ く聞いたから、曲の詞に興味が出てきた。日本の音楽の詞がアメリカのとなんかふいんきが違うから、とても不思議で面白いだ。日本語401の授業で何か音楽 についてことが研究できれば、うれしくなるんだ。

Eugene Park

 Japanese | Englishback of my head

 三年生のユジン・パクです。大学に来て日本語を勉強し始めたから、日本語の授業は今年で三年目です。日本語はウィリアム&メアリに来る前、高校で日本アのニメやドラマを見ながら独学しましたけど、大学に来たのをで正式に勉強してみようと思って日本語の授業をとりました。でも、専攻は日本語とあまり関係のない経済学です。日本には小さいころ行ったの一回と夏にに行ったので二回が全部です。

キム・ヘンリー

私21歳ウィリアム・アンド・メアリ大学で経済を勉強しているキム・ヘンリーです。日本語は3年前に始めました。日本語は中国語やスペイン語よりやさしいと思って 勉強を始めましたが、思ったより難しいです。特に漢字のところが難しいです。私はずっとアメリカで育ちましたから、漢字のことを習う必要がありませんでし た。でも、頑張っています。

今年の夏休みに日本へ行って来ました。8週間に毎日新宿である日本語学校を通っていました。あそこで、毎日漢字や文化などを習って来ました。勉強した時、先生は現在の問題を教えてくださいました。

English | 日本語

Megan Locke

English | Japanese 

Megan wearing hakamaHi, I’m Megan Locke, and I’m a senior at the College of William & Mary. I’m majoring in East Asian Studies, and studied in Nagoya, Japan during the spring of my junior year. Nagoya is not really an exciting place to visit (about all it’s famous for is being the heartland of the Toyota company), but it’s a wonderful place to live! At least if you visit, go eat some kishimen noodles! They’re the local speciality, and taste exactly like all other Japanese noodles, except for the fact that they’re long and flat, but that’s besides the point. Also try the miso katsu!

I love studying modern Japanese society, especially the situation of Japanese women today. I plan to do research on a book about this topic for Japanese 401 this year.  

 

Daniel Wolfe

日本語English

This is a photo of Daniel J. Wolfe

One humid afternoon outside of Hopkins in downtown Baltimore, a dilapidated car came to a brake-squeaking stop in the potholes of Charles St., and let out a dozen Vietnamese refugees into the sun. From his apartment deck, a Grad. student put out his cigarette and kept his Norwegian Elk-hound (Teiga) from barking, while he squinted through thick lenses at the near-comical lineup. At the end of the line was a, then, 17-year old version of my mother, Mai Nguyen, safe-guarding deep within, one precious egg that would carry her haploid genes until a seventh of century later when I would be conceived after two practice babies had popped out already into the world.

What follows then is a short bout through public education, continuing on present day, as I conclude my fourth year at the College of William and Mary. I’ve studied Japanese here, as well as Insects and Society, Red Scare era black listed films and even the politics of feminine hysteria in Dostoevsky’s translated works. Having recently come back from a stint in Kyoto, muttering Heart Sutras and eating burnt mochi like a pro-monk, while studying religions both archaic and new, I’m looking forward to a completion of my B.A. here. Until then, I will continue to walk around this campus like a teen-refugee in Charm city.