Fashion

Japanese

I am researching the Japanese subculture fashion, Including punk fashion, lolita fashion, banc fashion and costume play.  My goal is to find out how these elements are related to Japanese society and culture.

Japanese subcultures became a notable phenomenon in the post-war and early post-modern era. Though the styles have changed over the years, Street fashion and costume play is still prominent in major cities like Tokyo and Ahkihabara. This phenomenon is highly related to elements of otaku culture, Janapese manga, and animations.

YouTube Preview Image

Timeline

  • 1970s:When famous labels including Pink House, Milk and Angelic pretty began selling clothes that would be considered “lolita” by today’s standards
  • 1978: Cosplay at fan events likely originated in Japan
  • 1990s: Lolita fashion became better recognized, with bands like Malice Mizer and other Visual Kei (or visual type) bands coming into popularity
  • 1997: The rise and fall of many of these trends has been chronicled by Shoichi Aoki since 1997 in the fashion magazine FRUITS, which is a notable magazine for the promotion of street fashion in Japan
  • 1998: Tokyo’s Akihabara district has contained a large number of cosplay cafes, catering to devoted anime and cosplay fans
  • 2001:One magazine in particular, the seasonally published Gothic & Lolita Bible, has palyed an instrumental role in promoting and standardizing the style

Linkography

[「Punk Fashion Style」、Wapedia]

Punk fashion emphasizes violent and treacherous images. Ripped off jeans and shirts are the common outfit along with the accessories such as chain and necklace. Furthermore in the case of female, corset, mini skirt and slave related items are widely used in punk fashion. In addition, people often dye their hair to bright colors to express there feelings.

After the revival, skull became the motive. Historically, skull symbolizes “momento mori” meaning “you must die”. However, in punk fashion, skull often symbolize anti-war than death.

In Japan, it seems like there is a confusion between rock and punk fashion. People often automatically assume that rock fashion is same as punk fashion. Therefore, in Japan, not a lot of people have seen true punk fashion.

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun

Fashion

English

日本サブルカルチャーのファッションを研究しています。 日本サブルカルチャーのファッションは 多くの種類があって 世代が変わって時間が経ちながら変化しました。 ファッションは彼らばかりの特徴があって, これはその時代文化に関連になっています。そして、メヂアとマニアに影響を与えたしこれは、日本社会に衝撃と同時に進歩的な考えを持って来ました。この現 象を研究したいです。
サブルカルチャーファッションの代表的事例としては「ロリータファッション」と「バンクファッション」と「コスチューム・プ レー」です。これらの各種特徴を研究したいです。それから、いろいろなサブルカルチャーファッションのを見られるファッションのメッカ、原宿, 銀座、お台場、新宿区、渋谷区都 で都市を研究したいです。

YouTube Preview Image

年表:ファッション

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

外部リンク

[「連想されるスタイル」wapedia]:から

前述のカリスマ、セックス・ピストルズの典型的なスタイル。寝癖のような髪の毛、引き裂いたシャツやジーンズなどに身を包み、チェーン、安全ピンなどをアクセサリーにし、しばしば反逆的で過激なイメージを強調する。女性の場合は、コルセットやボンデージなどを取り入れたアイテムや、ミニスカートなど。髪型は髪色を派手に染める他、ベリーショートなども多い。他に、鋲打ちの黒革のジャンパーや細いパンツ、リストバンドやシルバーアクセサリーなどの意匠も加わっている事がある。しかし、パンクロッカーの多くがこのようなファッションをしているわけではなく、またパンクファッションをしている者がパンクロッカーとは限らない。

また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは髑髏(スカル)がモチーフとして使用される事がよくある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「死」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「反戦」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。

日本では、海外よりも通常のロックとパンクが混同されて見られている傾向が極端に強い。単に軽いロック系のファッションでもパンクロックスタイルとされてしまう場合が多く、実際のパンクファッションを見たことがない人が多い。

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun

Post-Bubble Japan

After World War II, the Japanese economy was in ruins and people struggled to recover from the war. However, after the Korean War, Japan did recover. During the economic rapid growth, Japanese society was urged to support the nation by working hard and saving diligently. As a result, economic boost heavily influenced culture, science, sports, and everyday life of Japanese people, improving the quality of life significantly.

In 1991, post bubble recession began and brought a huge impact on people. Japanese lost their identity and self-confidence in their future and wondered what has gone wrong.

This picture represents post bubble culture. The content symbolizes Japanese pop culture and crumpled paper symbolizes the destruction in Japanese society with frustration. This music also illustrates the Japanese searching for identity and how they are unsure of their direction in life.

Won’s Video

YouTube Preview Image

Fashion Linkography

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Jun Won

Portfolio Page for Won Jun

ジュン·ウォンホ

Won chillin'

Japanese | English

私はウィリアム・アンド・メアリー大学の四年生です。せんこうは経済学です。私の趣味はばそこんとそうじです。私が一番好きなことは日本のファッションマガジンをみることとおんがくをきくことです。

日本語を勉強した理由は大学卒業の後で、日本の会社に働きたいからです。そして日本の文化について知りたい日本にかんしんがたかいからです。日本ごは私が今で勉強した科目の中で一番出来るのです。こんがっき、日本「ポストバブル」のファッションを研究したいです。

年表

English | Japanese

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

Timeline: Japanese Fashion

English | Japanese

  • 1970s:When famous labels including Pink House, Milk and Angelic pretty began selling clothes that would be considered “lolita” by today’s standards
  • 1978: Cosplay at fan events likely originated in Japan
  • 1990s: Lolita fashion became better recognized, with bands like Malice Mizer and other Visual Kei (or visual type) bands coming into popularity
  • 1997: The rise and fall of many of these trends has been chronicled by Shoichi Aoki since 1997 in the fashion magazine FRUITS, which is a notable magazine for the promotion of street fashion in Japan
  • 1998: Tokyo’s Akihabara district has contained a large number of cosplay cafes, catering to devoted anime and cosplay fans
  • 2001:One magazine in particular, the seasonally published Gothic & Lolita Bible, has palyed an instrumental role in promoting and standardizing the style

Contributor bio. Won-Ho Jun

Won chillin'Japanese | English

Hello, my name is Won-Ho Jun and I am originally from Seoul, Korea, but now live in Hampton Virginia. I am a Senior Economics & Business major and plan to graduate in May of 2010. My interests include soccer, music and reading Japanese manga.