Post Bubble Japan

During the heyday of the Japanese bubble economy, Japan’s rock scene saw the birth of a novel genre of music known as visual kei. The rebellious and shocking nature of visual kei, that was simultaneously a sound and a subculture, served to prelude the popping of the bubble.

With the fall of the inflated economy, Japanese rock saw a meteoric rise, an upswelling in popularity that visual kei accompanied. As witnessed in the States after the post-stagflation recession in the early 80s, rock music represented one of many avenues for people to channel their disillusion and discontent, either personally through the sound or vicariously through the subculture. In this context visual kei was essentially symbolism, representing many feelings: severance between one’s identity and the traditions of the past, honesty of expression in a society where pursuit of economic success had been a facade, the futility of social and artistic restraint, etc.

The picture here is of the guitar of former X Japan lead guitarist Matsumoto Hideto, better known by his stage name: hide. hide died in 1998, though whether by accident or suicide no one is certain. The shot was taken 9 years later at a show during X Japan’s resurgence, where the guitar occupied the same spot on stage that hide would’ve in the past. The lovingly decorated guitar speaks to the fact that visual kei was more of an idea than a fashion and that it was an entire avenue of expression for musicians and fans alike. Although visual kei no longer enjoys the mainstream popularity of the 90s, the idea endures in the underground scene, carrying the same ideas that inspired music since its inception.

Rock Music

日本語

Rock music in Japan began in the 1960s. With influences from bands like the Beatles and the Rolling Stones, Japanese kayoukyoku evolved into rock. Although rock music has been in Japan for long time, during the post-bubble recession, its popularity suddenly skyrocketed. On top of that, during this period music in general made its way into various other media. For instance, music appeared as theme songs for anime and drama. Because of this, much of Japanese entertainment culture is affected by music.

To young people, music is a reflection of one’s own self. Thus, music is a part of many subcultures. For example, anime otaku listen to the theme songs of their favorite anime. Naturally, idol otaku will listen to their idol’s songs, and imitate their idol’s style. From migrant workers to hikikomori, everyone listens to music, thus making music so important to culture as a whole.

YouTube Preview Image

年表:

  • 1960s – Inspired by Western acts such as the Beatles and the Rolling Stones, Group Sounds represented a confluence of genres, evolving Japanese kayoukyoku pop of the 50s into Japan’s first rock genre.
  • 1967 – Public Company Oricon formed. Oricon provides information on the Japanese music industry, and its charts are a definitive measure of popularity.
  • 1970s – Progressive rock movement moves away from original psychadelic rock movement.
  • 1978 – Yellow Magic Orchestra formed, pioneering the electropop genre in Japanese that will later heavily influence modern Japanese pop and dance.
  • 1980s – Japanese alternative and noise rock genres flourish. Japanese rock diverges into a myriad of styles including underground, punk, metal, and hardcore.
  • 1982 – X Japan founded, pioneering visual kei and popularizing power metal.
  • 1990s – Popular music sees rising use in other media such as film, anime, TV, drama, games, etc. Some bands that took root in the 80s achieve wild commercial success.
  • 1997 – The first Fuji Rock Festival held. It is followed by the openings of several other rock festivals.
  • 1999 – Glay holds a concert with 200,000 people in attendance: the largest ever in Japan.

External Links:

About the Fuji Rock Festival (Translation)

In order to traverse the premises one must walk. There are no cleanly maintained and paved roads. In fact, most sites are built on dirt or gravel. Naturally, if rain falls, the premises will be muddy. There are also no locations for everyone to take shelter from rain. Further, the throngs of guidance and information clerks that one may normally expect at concerts and events will not be present, nor will such guidance services. Many of the multiple stages will hold performances simultaneously, making it impossible to see everything. Furthermore, due to this and stage entrance regulation, sometimes one may not be able to see a preferred artist. There will be times when long lines for the portable toilets persist, and sometimes there will be no toilet paper. During congestion, going from the entrance gate to the Orange Court at the deepest part of the premises may take upwards of 30 minutes.

Naturally, live events are living things, so each stage may face its own speed-ups and delays, causing peoples’ schedules to collapse at times. Since over 200 artists are to perform in a period of 3 days, please consider that an anticipated performer may hurriedly cancel. Also, when the executive office comes upon difficulties in management and judgment, management rules may be revised regardless of announcement time and method. Of course we will exhaust the best of our efforts in order to prevent such messes as rule changes and cancellations, however should they occur, there will be no compensations such as ticket refunding.

For this festival we discard the notion of coming with the ideas of “Selfish Convenience” or “Leave it to Others” and instead hold together the ideas of “Do It Yourself”, “Cooperation”, and “Respect for Nature.”

Although this festival is far removed from the city lifestyle, in the middle of nature, away from everyday life, is a place where one can freely enjoy music in one’s own style. A riveting atmosphere and passion is here: one that can only be experienced by coming, and cannot be expressed by mere words.

Despite the minimal rules, during the festival we offer a place where everyone can enjoy the festival in whatever style they please. By combining everyone’s powers, let’s greatly enjoy the festival. Naturally, we of the staff have created and now offer this to you with all our belief in the power of music.

Oricon Style Homepage

  • Japanese entertainment news, including rankings of CD albums and singles

X Japan Homepage

  • Famous speed metal band

2009 Fuji Rock Festival Homepage

  • This year’s Fuji Rock Festival

This Entry Contributed by: William He

Rock Music

English

日本にはロック音楽が1960年代から始まりました。ビートルズやローリングストーンズなどのバンドの影響で日本の歌謡曲がロックに変えました。ロックが日本に長い間あったけど、不景気にロックの人気が突然に上がりました。その上、不景気に音楽が様々なメヂアに出て来ました。例えば、ポップ音楽がアニメやドラマのテーマソングになったことがありました。その理由で、日本のエンタメ文化が大分に音楽に関われました。

若者に就いて音楽が自分のことを映しているから、音楽は大勢なサブカルチャーな一部です。例えば、アニメおたくは好きなアニメのテーマソングを聞いています。もちろんアイドルのファンはアイドルの曲を聞いているし、スタイルも擬します。移動労働からひきこもりまで皆が音楽を聞いているから、音楽がそんなにカルチャーに就いて重要です。

YouTube Preview Image

年表:

  • 1960年代 - ビートルズやローリングストーンズなどの西洋音楽の影響でグループサウンズが1950年代の日本歌謡曲から生まれた。グループサウンズは日本の初ロックジャンルだった。
  • 1967年 - 株式会社オリコンが作った。オリコンは日本音楽のデータを集めて、チャートでバンドをランキングしている。
  • 1970年代 - プログレシブロックの変革がuサイケデリックロックから離れた。
  • 1978年 - YMOが作った。YMOの影響でエレクトロポップが人気なジャンルになった。
  • 1980年代 - オルタナティブロックやノイズロックが人気なジャンルになった。それで、ロックの中に色んなジャンルがうまれた。たとえばハードコアやパンクやヘヴィメタルなどのジャンルが生まれた。
  • 1982年 -エックスジャパンが作った。エックスジャパンはヴィジュアル系の中で魁した。
  • 1990年代 - ポップミュウジックがほかのメディアで使うことが増えた。そして1980年代生まれたバンドがもっと人気になった。
  • 1997年 - フジロックフェスティバルが始まった。それ以外に、色んなほかのロックフェスティバルが後で始まった。
  • 1999年 - GLAYのコンサートに二十万人が来た。それが日本の一番大きいなコンサートだった。

外部リンク:

フジロックフェスティバルに就いて

会場内の移動は徒歩です。きれいに整備された道等は無く、ほとんどの場所が土や砂利の上です。当然、雨が降れば会場内のいたる所がぬかるみます。来場者全員が雨宿りできる場所もありません。通常の「コンサート」や「イベント」の様に係員が大勢いて事細かに案内、誘導等をすることもありません。会場内にある複数のステージはほとんどが同時進行し、出演者を全て観ることも不可能ですし、ステージによっては入場規制がかかり、観たいアーティストが観れない場合もあります。会場内の仮設トイレは長時間並ぶこともあるし、紙が無くなる場合もあります。混雑している場合は入場ゲートから一番奥のオレンジコートまで30 分以上かかることもあります。

当然LIVEは生き物ですので各ステージの時間が早まったり、遅れたりして、皆さんが事前に立てたスケジュールが崩れてしまうこともあります。3日間で 200近いアーティストが出演することもあり、不慮のアクシデントにより、お目当ての出演者が急遽キャンセルになってしまう場合も考えられます。また、事務局が運営などに支障をきたすと判断した場合、その告知時期・方法に関わらず運営上のルールを変更する場合もございます。もちろん、この様なことが起こらないように最善の努力を尽くしますが、もしこの様なキャンセルや運営上のルール変更があってもチケットの払い戻し等の対応は一切行いません。

このフェスティバルに来場される方は「自分勝手」「他人任せ」という言葉は捨てていただき、「Do It Yourself」「助け合い」「自然を敬う」という心と共に来場していただきます。

こんな都会生活とかけ離れたフェスティバルではありますが、日常の生活から離れ、「大自然」の中、自由なスタイルで「音楽」を楽しめる場所がそこには存在します。この場所に来なければわからない、言葉には表せない素晴らしい空間と感動があります。

最低限のルールは存在しますが、このフェスティバルの期間中、皆さんが思い思いのスタイルでこのフェスティバルを楽しんでいただける場を提供いたします。皆さんで力を合わせ、このフェスティバルをおおいに楽しみましょう。もちろん、われわれスタッフ一同、音楽の力を信じて全力で創り上げていきます。

オリコンスタイルホームペイジ

  • 日本エンタメニュース、それでCDシングルランキングとCDアルバムランキング

X Japan ホームペイジ

  • 有名なスピードメタルバンド

2009フジロックフェスティバルホームペイジ

  • 今年のフジロックフェスティバル

寄稿者: ウイリアム・へ

He, William

Will’s Video

YouTube Preview Image

Japanese Music Linkography

Oricon Homepage

  • Japanese entertainment news including CD album and singles rankings
  • 日本エンタメニュース、それでCDシングルランキングとCDアルバムランキング

X Japan Homepage

  • Prominent speed metal band
  • 有名なスピードメタルバンド

2009 Fuji Rock Festival

  • This year’s Fuji Rock Festival
  • 今年のフジロックフェスティバル

日本音楽年表

Japanese | English

  • 1960年代 - ビートルズやローリングストーンズなどの西洋音楽の影響でグループサウンズが1950年代の日本歌謡曲から生まれた。グループサウンズは日本の初ロックジャンルだった。
  • 1967年 - 株式会社オリコンが作った。オリコンは日本音楽のデータを集めて、チャートでバンドをランキングしている。
  • 1970年代 - プログレシブロックの変革がuサイケデリックロックから離れた。
  • 1978年 - YMOが作った。YMOの影響でエレクトロポップが人気なジャンルになった。
  • 1980年代 - オルタナティブロックやノイズロックが人気なジャンルになった。それで、ロックの中に色んなジャンルがうまれた。たとえばハードコアやパンクやヘヴィメタルなどのジャンルが生まれた。
  • 1982年 -エックスジャパンが作った。エックスジャパンはヴィジュアル系の中で魁した。
  • 1990年代 - ポップミュウジックがほかのメディアで使うことが増えた。そして1980年代生まれたバンドがもっと人気になった。
  • 1997年 - フジロックフェスティバルが始まった。それ以外に、色んなほかのロックフェスティバルが後で始まった。
  • 1999年 - GLAYのコンサートに二十万人が来た。それが日本の一番大きいなコンサートだった。

Japanese Music Timeline

Japanese | English

  • 1960s – Inspired by Western acts such as the Beatles and the Rolling Stones, Group Sounds represented a confluence of genres, evolving Japanese kayoukyoku pop of the 50s into Japan’s first rock genre.
  • 1967 – Kabushiki-gaisha Orikon formed.  Oricon provides information on the Japanese music industry, and its charts are a definitive measure of popularity.
  • 1970s – Progressive rock movement moves away from original psychadelic rock movement.
  • 1978 – Yellow Magic Orchestra formed, pioneering the electropop genre in Japanese that will later heavily influence modern Japanese pop and dance.
  • 1980s – Japanese alternative and noise rock genres flourish.  Japanese rock diverges into a myriad of styles including underground, punk, metal, and hardcore.
  • 1982 – X Japan founded, pioneering visual kei and popularizing power metal.
  • 1990s – Popular music sees rising use in other media such as film, anime, TV, drama, games, etc.  Some bands that took root in the 80s achieve wild commercial success.
  • 1997 – The first Fuji Rock Festival held.  It is followed by the openings of several other rock festivals.
  • 1999 – Glay holds a concert with 200,000 people in attendance: the largest ever in Japan.

William He

Japanese | English

William He is a Senior at the College of William and Mary, planning on graduating with a Bachelors in Marketing in May 2010.  His interest in Japanese was born during his high school years, when he began watching anime, practicing jiu-jitsu, and studying Japanese.  As his Japanese knowledge grew, he developed an interest in Japanese music, both from anime and from popular culture.  Curious about the factors that have affected the development of modern Japanese music, William plans to study it as part of this post-bubble culture research endeavor.

ウイリアム・へ

Japanese | English

僕がウイリアムへと名乗る。ウイリアム・アンドメリー大学の四年生で、日本語が四年間しか勉強していなかった。僕の日本についての興味が高校のころから生 まれた。高校の時に、日本語がとり始めて、じゅじつも練習して始めた。日本語がもっと理解できるようになった時、アニソンとか日本からの音楽を聞いた。よ く聞いたから、曲の詞に興味が出てきた。日本の音楽の詞がアメリカのとなんかふいんきが違うから、とても不思議で面白いだ。日本語401の授業で何か音楽 についてことが研究できれば、うれしくなるんだ。