Rock Music

English

日本にはロック音楽が1960年代から始まりました。ビートルズやローリングストーンズなどのバンドの影響で日本の歌謡曲がロックに変えました。ロックが日本に長い間あったけど、不景気にロックの人気が突然に上がりました。その上、不景気に音楽が様々なメヂアに出て来ました。例えば、ポップ音楽がアニメやドラマのテーマソングになったことがありました。その理由で、日本のエンタメ文化が大分に音楽に関われました。

若者に就いて音楽が自分のことを映しているから、音楽は大勢なサブカルチャーな一部です。例えば、アニメおたくは好きなアニメのテーマソングを聞いています。もちろんアイドルのファンはアイドルの曲を聞いているし、スタイルも擬します。移動労働からひきこもりまで皆が音楽を聞いているから、音楽がそんなにカルチャーに就いて重要です。

YouTube Preview Image

年表:

  • 1960年代 - ビートルズやローリングストーンズなどの西洋音楽の影響でグループサウンズが1950年代の日本歌謡曲から生まれた。グループサウンズは日本の初ロックジャンルだった。
  • 1967年 - 株式会社オリコンが作った。オリコンは日本音楽のデータを集めて、チャートでバンドをランキングしている。
  • 1970年代 - プログレシブロックの変革がuサイケデリックロックから離れた。
  • 1978年 - YMOが作った。YMOの影響でエレクトロポップが人気なジャンルになった。
  • 1980年代 - オルタナティブロックやノイズロックが人気なジャンルになった。それで、ロックの中に色んなジャンルがうまれた。たとえばハードコアやパンクやヘヴィメタルなどのジャンルが生まれた。
  • 1982年 -エックスジャパンが作った。エックスジャパンはヴィジュアル系の中で魁した。
  • 1990年代 - ポップミュウジックがほかのメディアで使うことが増えた。そして1980年代生まれたバンドがもっと人気になった。
  • 1997年 - フジロックフェスティバルが始まった。それ以外に、色んなほかのロックフェスティバルが後で始まった。
  • 1999年 - GLAYのコンサートに二十万人が来た。それが日本の一番大きいなコンサートだった。

外部リンク:

フジロックフェスティバルに就いて

会場内の移動は徒歩です。きれいに整備された道等は無く、ほとんどの場所が土や砂利の上です。当然、雨が降れば会場内のいたる所がぬかるみます。来場者全員が雨宿りできる場所もありません。通常の「コンサート」や「イベント」の様に係員が大勢いて事細かに案内、誘導等をすることもありません。会場内にある複数のステージはほとんどが同時進行し、出演者を全て観ることも不可能ですし、ステージによっては入場規制がかかり、観たいアーティストが観れない場合もあります。会場内の仮設トイレは長時間並ぶこともあるし、紙が無くなる場合もあります。混雑している場合は入場ゲートから一番奥のオレンジコートまで30 分以上かかることもあります。

当然LIVEは生き物ですので各ステージの時間が早まったり、遅れたりして、皆さんが事前に立てたスケジュールが崩れてしまうこともあります。3日間で 200近いアーティストが出演することもあり、不慮のアクシデントにより、お目当ての出演者が急遽キャンセルになってしまう場合も考えられます。また、事務局が運営などに支障をきたすと判断した場合、その告知時期・方法に関わらず運営上のルールを変更する場合もございます。もちろん、この様なことが起こらないように最善の努力を尽くしますが、もしこの様なキャンセルや運営上のルール変更があってもチケットの払い戻し等の対応は一切行いません。

このフェスティバルに来場される方は「自分勝手」「他人任せ」という言葉は捨てていただき、「Do It Yourself」「助け合い」「自然を敬う」という心と共に来場していただきます。

こんな都会生活とかけ離れたフェスティバルではありますが、日常の生活から離れ、「大自然」の中、自由なスタイルで「音楽」を楽しめる場所がそこには存在します。この場所に来なければわからない、言葉には表せない素晴らしい空間と感動があります。

最低限のルールは存在しますが、このフェスティバルの期間中、皆さんが思い思いのスタイルでこのフェスティバルを楽しんでいただける場を提供いたします。皆さんで力を合わせ、このフェスティバルをおおいに楽しみましょう。もちろん、われわれスタッフ一同、音楽の力を信じて全力で創り上げていきます。

オリコンスタイルホームペイジ

  • 日本エンタメニュース、それでCDシングルランキングとCDアルバムランキング

X Japan ホームペイジ

  • 有名なスピードメタルバンド

2009フジロックフェスティバルホームペイジ

  • 今年のフジロックフェスティバル

寄稿者: ウイリアム・へ