Fashion

English

日本サブルカルチャーのファッションを研究しています。 日本サブルカルチャーのファッションは 多くの種類があって 世代が変わって時間が経ちながら変化しました。 ファッションは彼らばかりの特徴があって, これはその時代文化に関連になっています。そして、メヂアとマニアに影響を与えたしこれは、日本社会に衝撃と同時に進歩的な考えを持って来ました。この現 象を研究したいです。
サブルカルチャーファッションの代表的事例としては「ロリータファッション」と「バンクファッション」と「コスチューム・プ レー」です。これらの各種特徴を研究したいです。それから、いろいろなサブルカルチャーファッションのを見られるファッションのメッカ、原宿, 銀座、お台場、新宿区、渋谷区都 で都市を研究したいです。

YouTube Preview Image

年表:ファッション

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

外部リンク

[「連想されるスタイル」wapedia]:から

前述のカリスマ、セックス・ピストルズの典型的なスタイル。寝癖のような髪の毛、引き裂いたシャツやジーンズなどに身を包み、チェーン、安全ピンなどをアクセサリーにし、しばしば反逆的で過激なイメージを強調する。女性の場合は、コルセットやボンデージなどを取り入れたアイテムや、ミニスカートなど。髪型は髪色を派手に染める他、ベリーショートなども多い。他に、鋲打ちの黒革のジャンパーや細いパンツ、リストバンドやシルバーアクセサリーなどの意匠も加わっている事がある。しかし、パンクロッカーの多くがこのようなファッションをしているわけではなく、またパンクファッションをしている者がパンクロッカーとは限らない。

また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは髑髏(スカル)がモチーフとして使用される事がよくある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「死」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「反戦」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。

日本では、海外よりも通常のロックとパンクが混同されて見られている傾向が極端に強い。単に軽いロック系のファッションでもパンクロックスタイルとされてしまう場合が多く、実際のパンクファッションを見たことがない人が多い。

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun