Environment

English

日本の環境問題を研究しています。日本で高度成長期に、大規模な工業化がおこりました。いろんな工場が建たれたので経済が好転しました。しかしながら、同時に環境汚染も増えてきました。最初には工場の社長は環境汚染を無視したが、1990年代から、環境保護が日本社会の大切なことにたってきました。

私は日本に行った時、環境保護が重要な問題だとすぐ分かりました。たとえば、日本の空港の中でゴミ箱の所は五種類あります。それはアメリカの空港と違います。ゴミ箱の一つは紙のごみ、そして瓶や、グラスなどのゴミ箱もありました。日本人の小さな台所にも、五種類ゴミ箱があります。私は日本に行ってホームステイしていた経験があったので、今、日本人に取って、環境保護はとても大切なことだと思います。だから、日本の環境問題の研究をしています。

YouTube Preview Image

年表:

  • 1878年から1912年まで (明治十一年から明治四十五年まで)専業成長が起こって初めての環境事案がありました。
  • 1956年 (昭和三十一年) 加工工場の水質汚染で水俣病が生み出されました。
  • 1967年 (昭和四十二年) 環境汚染防止法
  • 1971年 (昭四十六年)  環境庁が設立。
  • 1972年 (昭和四十七年) 自然保護の法律
  • 1992年 (平成四年)   リオサミット:国際連合環境計画と国際連合開発計画の会議
  • 1993年 (平成五年)   環境基本法:次世のために良い環境を作るための法律
  • 1997年 (平成九年)   京都議定書:国際環境保護計画
  • 2001年 (平成十三年)  環境庁は環境省になる。
  • 現在    (平成二十一年) 大切な問題は地球温暖化やオゾン層保護や水質汚染や土壌汚染やリサイクルや国際環境保護などです。

外部リンク:

Japanese Reaction to Global Warming

地球は今暖かくなってきているといわれている。何もしないでいると、2100年までには地球の気温は二度上がるそうである。そして、海面水位は50cmぐらい上がってしまうのだそうだ。このため、温暖化をどうやって防ぐかが世界中で問題になっていて、1992年から毎年この問題について国際会議が開かれている。1997年には日本でもその会議が開かれた。

温暖化を起こすものは色々あるが、そのうち64%は二酸化炭素である。1994年の調べでは、日本は世界で四番目に二酸化炭素を多く出していた。また、日本では、1992年から1994年までに、二酸化炭素が7%も増えていた。

二酸化炭素が増えたのは日本人の生活スタイルが変わってきたからのようだ。前より、冷蔵庫やテレビも大きくなり、オーブンやドライヤーなどの電気製品を使う人も多くなった。それに、スーパーやデパートでは野菜や果物や肉もプラスチックの入れ物に入れたり、プラスチックで包んだりするようになった。実際、私達の生活の中で出てくる二酸化炭素は全体の45%にもなるらしい。温暖化を防ぐためには、国や工場や大会社が何かをするのではなく、一人一人が自分の生活を変えていかなければならない。便利だから、楽だからといって、車や電気製品を使いすぎないように今からしていかなければ、この地球を守ることは出来ない。

A Brief History of Japanese Environment

  • Article describing history of government involvement in environmental protection.
  • 環境庁が環境保護の法律をした記事です。

Japan Environmental Problems

  • Main environmental problems in Japan’s society
  • 日本社会について、一番大切な環境問題。

World Environmental Problems

  • Summary of basic environmental problems facing the world
  • 地球の環境問題の要約。

Entry contributed by Cara Ferraro

Akiba & Otaku

Japanese

YouTube Preview Image

Timeline

● 1980’s:Accompanying the spread of the personal computer in household, major computer gaming chain stores appeared on the market.

● 1990’s:With the household chain stores appearing throughout the suburban outskirts of Tokyo, the sale of consumer durables at Akihabara was greatly reduced.

● 1994 年:The sale of computer goods increased.

● 2000 年:With name-brand computer sales in decline, otaku shops have arisen in their place.

● 2008 年:The Akihabara massacre took place on pedestrian-zoned Chūōdōri street.

Linkography

From “The 4th Generation of Otaku” (IT Media, 03/19/08):

As the number of “light” otaku increases, one can feel the spread of otaku culture.  Terao was surprised when asked a question “What is Haruhi?” by a non-otaku acquaintance.  At his telecommunication school, he often hears students talking about Niko Niko Animation.

A car maniac and an anime maniac are both otaku.  Whether you buy a CD from the Tower Records or from Animeito, you still buy a CD.  It is just a difference between a major and a minor.  Due to the Akiba Boom, there is a widespread understanding that anyone is otaku.

“I’m alone, but not lonely” (Grassmuck, Volker)

● A German sociologist, Volker Grassmuck discusses about the colonization of information and media world by Otaku group.

“Meet the Geek Elite” (Wired Magazine, July 2006)

● Wired Magazine interviews Koota Umeda, a salaryman and a self-confessed otaku

Akiba & Otaku

English

YouTube Preview Image

年表:秋葉原電気街

● 1980 年代:ファミコンの普及に伴って、各種コンピューターゲームソフトを扱う店が増え始める。

● 1990 年代:郊外型やカメラ系の家電量販店の台頭で家電売り上げが減少。

● 1994 年:パソコンパーツを扱う店舗が増え始める。

● 2000 年:メーカー製コンピュータの販売と高級オーディオ機器販売店の規模が縮小し、「オタクショップ」が増える。

● 2008 年:正午過ぎに中央通りと神田明神通りの交差点で無差別殺傷事件が発生。

外部リンク

“オタク4世代論 アキバ王が語るオタクの’ライト化’” (IT Media, 03/19/08):から

ライトなオタクが増え、オタク文化が広まっていると肌で感じるという。「ハルヒって何?――とオタクではない知り合いに聞かれたんです」と寺尾さんは驚 いた様子で話す。電気通信大学に通う学生でもある寺尾さんは、学校で学生が「ニコニコ動画」について話しているのもよく耳にするという。

「車マニアもアニメマニアもオタク。CDをタワーレコードで買うのもアニメイトで買うのも、やってることは変わらない。メジャーかマイナーか、ちょっとした違い。アキバブームによって、人は誰でもオタクだという認識が広まった気がする」

“I’m alone, but not lonely” (Grassmuck, Volker)

Volker Grassmuckオタクの世界を論議する

“Meet the Geek Elite” (Wired Magazine, July 2006)

● WIred サラリーマンありながらオタクある梅田こうたさんを

Population Crisis

日本語

According to June 1, 2009 estimates, Japan’s population is currently 127 million people. However, research shows that this number will decline to less than 100 million people by 2050. This sharp decline in population comes from the combination of low birthrates, high life-expectancies, late marriages, and other social problems.

YouTube Preview Image

Timeline: Population Crisis

  • 1 October 2007: Population of Japan reaches 127,771,000
  • 2008: Population begins to decline
  • Average age to marry for male and female respectively is 30.2 and 28.5
  • Average life expectancy for male and female respectively is 79.29 and 86.05
  • ~2050: Population of Japan is projected to be 95,152,000 (the same population level as 1960s)

Linkography: Population Crisis

日系ブラジル人の子供達

    “With over 1.5 million, Brazilians make up the second largest non-Japanese decent population residing in Japan. Brazilians thought of Japanese people as “honest”, “diligent”, and “sincere” in their daily lives. The parents hoped that their new lives in Japan would bring some hope into their children’s dreams. However, with the economic downturn those dreams will go unrealized as they are forced to leave the country.

    By 2050, the Japanese population is estimated to shrink to 80 milllion.”

日本の将来推計人口

    Population Projection for Japan

最新日本人口情報

    Up-to-date stastitics of Japan’s population

日本の人口

    Statistics of the world population and Japan population

Population Crisis

English

2009年6月1日に張ったの研究によると、日本の人口は1.27億人に達する。 しかし、研究によってこの数は2050年まで9,515万人に減るそうである。 この問題はいろんな一因がある。例えば、遅く結婚するし、結婚しない女性も多いし、何より子供の出産率が日本の歴史に最低になってある。

YouTube Preview Image

年表:人口問題

  • 1951(昭和26年): 出入国管理及び難民認定法施行
  • 2004年12月10日 (平成16年): 「Action Plan for Prevention of Terrorism」
  • 2007年10月1日 (平成19年):日本の人口が1.2777億人に達する
  • 2008年 (平成20年):日本の人口が減って始まる
    平均結婚する年は(男30.2歳、女28.5歳)
    日本人の平均寿命は(男79.29歳、女86.05歳)
  • 2009年4月6日 (平成21年):日本にいる出稼ぎにきた外国人を強制退去される予定
  • ~2050年:研究による、2050年まで日本の人口が9、515万人に減るそう

外部リンク

日系ブラジル人の子供達

    「この地球上で、日本人が最も多いのは、日本に次ぎ、ブラジルであり、約150万人の日系人が住んでいる。日本人の「正直」「勤勉」「誠実」でブラジルの国内では、日本人が確実に大きな信頼を得ている。

    しかし、その子供達。経済のしわ寄せといったら、あまりにも悲惨である。そんな子供達に、少しでも夢を与えようと思って、下記のような奉仕活動をしてきた。

    2050年 日本の人口は、約8000万人に減少。」

日本の将来推計人口

    日本の将来推計人口(平成18年12月)-推計平成18(2006)年~平成67(2055)年

最新日本人口情報

    2009年5月1日の人口推計月報

日本の人口

    世界の人口と日本の人口

Fashion

Japanese

I am researching the Japanese subculture fashion, Including punk fashion, lolita fashion, banc fashion and costume play.  My goal is to find out how these elements are related to Japanese society and culture.

Japanese subcultures became a notable phenomenon in the post-war and early post-modern era. Though the styles have changed over the years, Street fashion and costume play is still prominent in major cities like Tokyo and Ahkihabara. This phenomenon is highly related to elements of otaku culture, Janapese manga, and animations.

YouTube Preview Image

Timeline

  • 1970s:When famous labels including Pink House, Milk and Angelic pretty began selling clothes that would be considered “lolita” by today’s standards
  • 1978: Cosplay at fan events likely originated in Japan
  • 1990s: Lolita fashion became better recognized, with bands like Malice Mizer and other Visual Kei (or visual type) bands coming into popularity
  • 1997: The rise and fall of many of these trends has been chronicled by Shoichi Aoki since 1997 in the fashion magazine FRUITS, which is a notable magazine for the promotion of street fashion in Japan
  • 1998: Tokyo’s Akihabara district has contained a large number of cosplay cafes, catering to devoted anime and cosplay fans
  • 2001:One magazine in particular, the seasonally published Gothic & Lolita Bible, has palyed an instrumental role in promoting and standardizing the style

Linkography

[「Punk Fashion Style」、Wapedia]

Punk fashion emphasizes violent and treacherous images. Ripped off jeans and shirts are the common outfit along with the accessories such as chain and necklace. Furthermore in the case of female, corset, mini skirt and slave related items are widely used in punk fashion. In addition, people often dye their hair to bright colors to express there feelings.

After the revival, skull became the motive. Historically, skull symbolizes “momento mori” meaning “you must die”. However, in punk fashion, skull often symbolize anti-war than death.

In Japan, it seems like there is a confusion between rock and punk fashion. People often automatically assume that rock fashion is same as punk fashion. Therefore, in Japan, not a lot of people have seen true punk fashion.

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun

Fashion

English

日本サブルカルチャーのファッションを研究しています。 日本サブルカルチャーのファッションは 多くの種類があって 世代が変わって時間が経ちながら変化しました。 ファッションは彼らばかりの特徴があって, これはその時代文化に関連になっています。そして、メヂアとマニアに影響を与えたしこれは、日本社会に衝撃と同時に進歩的な考えを持って来ました。この現 象を研究したいです。
サブルカルチャーファッションの代表的事例としては「ロリータファッション」と「バンクファッション」と「コスチューム・プ レー」です。これらの各種特徴を研究したいです。それから、いろいろなサブルカルチャーファッションのを見られるファッションのメッカ、原宿, 銀座、お台場、新宿区、渋谷区都 で都市を研究したいです。

YouTube Preview Image

年表:ファッション

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

外部リンク

[「連想されるスタイル」wapedia]:から

前述のカリスマ、セックス・ピストルズの典型的なスタイル。寝癖のような髪の毛、引き裂いたシャツやジーンズなどに身を包み、チェーン、安全ピンなどをアクセサリーにし、しばしば反逆的で過激なイメージを強調する。女性の場合は、コルセットやボンデージなどを取り入れたアイテムや、ミニスカートなど。髪型は髪色を派手に染める他、ベリーショートなども多い。他に、鋲打ちの黒革のジャンパーや細いパンツ、リストバンドやシルバーアクセサリーなどの意匠も加わっている事がある。しかし、パンクロッカーの多くがこのようなファッションをしているわけではなく、またパンクファッションをしている者がパンクロッカーとは限らない。

また、リバイバル以降のパンク・ファッションでは髑髏(スカル)がモチーフとして使用される事がよくある。髑髏は古くから「メメント・モリ(死を想え)」など「死」のシンボルとして知られている。だが、パンク・ファッションでは「死」よりも、髑髏は「反戦」のシンボルとしての使われ方をされる場合が多い。

日本では、海外よりも通常のロックとパンクが混同されて見られている傾向が極端に強い。単に軽いロック系のファッションでもパンクロックスタイルとされてしまう場合が多く、実際のパンクファッションを見たことがない人が多い。

“Alternative goth subcultural fringe and other fashion” (the alternative fashion blog, 6/4/08)

  • Japanese Subcultures and Fashion
  • 日本のサブカルチャーとファション

“10 Unusual Japanese Fashions and Subcultures” (Listverse, 4/20/09)

  • fashion list
  • ファションリスト

“カテゴリー ファッションの傾向を表す言葉 のページ (wapedia)

  • fashion list
  • ファションリスト

Entry contributed by Won Jun

Kanehara Hitomi

English

金原ひとみは作家で、バブル景気崩壊以降世代について本を書いています。大体、金原が扇情的でショッキングな話題について書いています。それなのに、日本人がショックを受けませんでした。たぶん、1990年代から日本人はショックを受けにくくなったのでしょう。それでも、金原はバブル以降に大人びたので、バブル以降の日本人の生活や欲求や夢などの特殊な見方を持っていると思います。この世代を理解できれば、日本の未来も理解できます。

自分も金原と同じ世代なので、日本人の若者の生活のことを勉強したいです。2009年の夏に、「蛇にピアス」と「オートフィクション」に基づく、いろいろな話題を研究しました。今学期、バブル以降の世代と日本社会の関係を研究します。

YouTube Preview Image

年表:金原ひとみ

  • 1983年 (昭和58年) 東京に生まれる
  • 1990年 (平成2年)  日本のバブル景気が崩壊した
  • 1995年 (平成7年)  オウム真理教の地下鉄サリン事件
  • 1996年 (平成8年)  村上龍が新たなショック仕方は必要と言った
  • 2003年 (平成15年) 「蛇にピアス」で第27回すばる文学賞を受賞。同作で第130回芥川賞を受賞
  • 2005年 (平成17年) 「蛇にピアス」が英語で刊行した
  • 2006年 (平成18年) 「オートーフィクション」という第四目の作品は日本語で刊行した
  • 2007年 (平成19年) 「オートーフィクション」が英語で刊行した
  • 外部リンク

    “People of Today: Kanehara Hitomi” インタビューの抜粋

      「結局、怖じ気づいちゃって(スプリットタンを)できなかったけれど、自分自身も含め、身体改造に興味を持つ人間の心理を分析したくて、これを書いたのかもしれません」

      小説の中で彼女はルイにこう言わせている。〈陽が差さない場所がこの世にないのなら自分自身を影にしてしまう方法はないか〉

      「ほ んの些細なことがきっかけで、もうこんな世界にいたくない、明るいものの届かない影になってしまいたいと思う時があるんです。だからといって、暗く目立た ない存在になるのは、あまりに悲しいし、そんな人間で終わりたくない。その点、身体改造で武装すれば、存在感を放つ影になれる。見た目で判断する世の中 を、“近づくな”とシャットアウトできる。もう一つ、身体改造に惹かれる人の中には、自分の身体を使って“私はこれだけできる”ってことを証明したいとい う気持ちもあるような気がします」

    “People of Today: Kanehara Hitomi” (Subaru Prize for Literature, 2003)

      Subaru interview with Kanehara Hitomi about “Snakes and Earrings”
      「蛇にピアス」についてすばる文学賞と金原ひとみのインタビュー

    “Kanehara Hitomi Special Interview” (Shueisha, 2004)

      Shueisha interview with Kanehara Hitomi about “Ash Baby”
      「アッシュベイビー」について集英社と金原ひとみのインタビュー

    Customer Reviews (Amazon.jp)

      Reader reviews of “Snakes and Earrings”
      「蛇にピアス」の読者のレビュー


    Entry contributed by Pam Kennedy

    Kanehara Hitomi

    Japanese

    Kanehara Hitomi is the author of books about post-bubble generation youth. She writes about topics that are often considered shocking or sensational, including violence, body modification, sexual deviance, abortion, and dysfunctional relationships. Yet because Japanese society as a whole has experienced many shocks since World War II, and especially in the post-bubble era, the violent content of Kanehara’s books does not shock the Japanese people in general. However, as Kanehara herself is one of the post-bubble generation Japanese, she has a unique perspective on the lifestyles, needs, and dreams of youth who came of age in the recession. I believe that understanding this post-bubble generation is crucial to understanding Japan’s future.

    Since I am from the same generation as Kanehara, I want to study the lifestyles of Japanese youth. In the summer of 2009, I researched some of the topics Kanehara addresses in her books Hebi ni piasu and Ootofikushon. This semester, I will research the post-bubble generation’s relationship with Japanese society with Kanehara’s works.

    http://www.youtube.com/watch?v=UIoXwER0ViU

    Timeline

  • 1983: Born in Tokyo
  • 1990: The Japanese economic bubble collapsed
  • 1995: The Aum Shinrikyo subway sarin gas incident
  • 1996: Murakami Ryuu says a new method of shocking is necessary
  • 2003: Snakes and Earrings won the 27th Subaru Literary Award. The same novel won the 130th Akutagawa Prize.
  • 2005: Snakes and Earrings is published in English
  • 2006: Autofiction, her fourth novel, is published in Japanese
  • 2007: Autofiction is published in English
  • Linkography

    “People of Today: Kanehara Hitomi” Interview Excerpt

      “In the end, I lost my nerve and couldn’t do [a split tongue], but I guess I wrote this book to express myself, and because I wanted to analyze the mentality of people who are interested in body modification.”
      In the novel she has Lui speak in this way. “If there isn’t a place in this world where the sun doesn’t shine, there will be a way for me to become a shadow.”
      “The impetus was just a trivial thing; I already don’t want to be in such a world, and there are times when I think I want to become a shadow that bright things can’t reach. Nevertheless, turning to a dark, inconspicuous existence is too sorrowful, and I don’t want to end as that sort of person. With that point, if I’m armed with body modification, I can get used to the shadow that frees my presence. I can become a shutout who says ‘don’t approach me’ to the society that judges by appearance. Also, among the people who are attracted by body modification, I feel that they have a similar feeling, that they want to verify that ‘I can be only this,’ by modifying their bodies.”

    “People of Today: Kanehara Hitomi” (Subaru Prize for Literature, 2003)

      Subaru interview with Kanehara Hitomi about “Snakes and Earrings”
      「蛇にピアス」についてすばる文学賞と金原ひとみのインタビュー

    “Kanehara Hitomi Special Interview” (Shueisha, 2004)

      Shueisha interview with Kanehara Hitomi about “Ash Baby”
      「アッシュベイビー」について集英社と金原ひとみのインタビュー

    Customer Reviews (Amazon.jp)

      Reader reviews of “Snakes and Earrings”
      「蛇にピアス」の読者のレビュー


    Entry contributed by Pam Kennedy