引きこもりの年表

English | Japanese

引きこもり

1970s-1980s (昭和 45 – 55): 日本には中途退学の高校生が増えている

Mid 1980s (昭和 55): 斉藤環は嬾惰な患者の増加に気付く(引きこもり)。

1988 – 1989 (昭和 66- 64): 東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件;、約二年で引きこもりの宮﨑 勤は四人の少女を他殺して、切断した。

十一月、 13 1990 (平成 2): 新潟少女監禁事件;十七歳の佐藤宣行、引きこもり、九歳の佐野 房子を誘拐される。

1990s (平成 2 – 12): メデイアでは引きこもりが社会問題として認められている。

五月 3, 2000 (平成 12):七歳の若い人はバスをハイジャクして、一人乗り手を殺す。

2000 (平成 12): 厚生労働省は引きこもりの場合の数を押される調査を行う。6151場合。

2003 (平成 15): 伊藤純一郎が引きこもりの現象と原因の大規模な研究で調べる。

2004 (平成 16):引きこもりの生活について「卵」という映画がデビュー。

年表:日本の音楽 Top 5

  • 1995:シングル
    DREAMS COME TRUE:『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』
    H Jungle With t:『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』
    福山雅治:『HELLO』
    Mr.Children:『Tomorrow never knows』
    Mr.Children:『シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜』
  • 1995:アルバム
    DREAMS COME TRUE:『DELICIOUS』
    trf:『dAnce to positive』
    松任谷由実:『THE DANCING SUN』
    ZARD:『forever you』
    大黒摩季:『LA.LA.LA』
  • 1996:シングル
    Mr.Children:『名もなき詩』
    globe:『DEPARTURES』
    久保田利伸 with NAOMI CAMPBEL:『LA・LA・LA LOVE SONG』
    スピッツ:『チェリー』
    Mr.Children:『花-Mémento-Mori-』
  • 1996:アルバム
    globe:『globe』
    安室奈美恵:『SWEET 19 BLUES』
    B’z:『LOOSE』
    大黒摩季:『BACK BEATs #1』
    MY LITTLE LOVER:『evergreen』
  • 1997:シングル
    安室奈美恵:『CAN YOU CELEBRATE?』
    KinKi Kids:『硝子の少年』
    Le Couple:『ひだまりの詩』
    globe:『FACE』
    SPEED:『STEADY』
  • 1997:アルバム
    GLAY:『REVIEW-BEST OF GLAY』
    Mr.Children:『BOLERO』
    globe:『FACES PLACES』
    JUDY AND MARY:『THE POWER SOURCE』
    ZARD:『ZARD BLEND 〜SUN & STONE〜‎』
  • 1998:シングル
    GLAY:『誘惑』
    SMAP:『夜空ノムコウ』
    SPEED:『my graduation』
    BLACK BISCUITS:『タイミング 〜‎Timing〜‎』
    GLAY:『SOUL LOVE』
  • 1998:アルバム
    B’z:『B’z The Best “Pleasure”』
    B’z:『B’z The Best “Treasure”』
    Every Little Thing:『Time to Destination』
    河村隆一:『Love』
    松任谷由実:『Neue Musik』
  • 1999:シングル
    速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団:『だんご3兄弟』
    GLAY:『Winter,again』
    浜崎あゆみ:『A』
    坂本龍一:『ウラBTTB』
    宇多田ヒカル:『Automatic/time will tell(12cm)』
  • 1999:アルバム
    宇多田ヒカル:『First Love』
    ZARD:『ZARD BEST The Single Collection 〜軌跡〜』
    globe:『CRUISE RECORD 1995-2000』
    SPEED:『MOMENT』
    L’Arc〜en〜Ciel:『ark』
  • 2000:シングル
    サザンオールスターズ:『TSUNAMI』
    福山雅治:『桜坂』
    宇多田ヒカル:『Wait & See 〜‎リスク〜‎』
    倉木麻衣:『Love, Day After Tomorrow』
    浜崎あゆみ:『SEASONS』
  • 2000:アルバム
    倉木麻衣:『delicious way』
    浜崎あゆみ:『Duty』
    椎名林檎:『勝訴ストリップ』
    MISIA:『LOVE IS THE MESSAGE』
    DREAMS COME TRUE:『DREAMS COME TRUE GREATEST HITS “THE SOUL”』
  • 2001:シングル
    宇多田ヒカル:『Can You Keep A Secret?』
    浜崎あゆみ:『M』
    CHEMISTRY:『PIECES OF A DREAM』
    桑田佳祐:『波乗りジョニー』
    モーニング娘。:『恋愛レボリューション21』
  • 2001:アルバム
    宇多田ヒカル:『Distance』
    浜崎あゆみ:『A BEST』
    サザンオールスターズ:『バラッド3 〜‎the album of LOVE〜‎』
    GLAY:『DRIVE-GLAY complete BEST』
    モーニング娘。:『ベスト! モーニング娘。1』
  • 2002:シングル
    浜崎あゆみ:『H』
    宇多田ヒカル:『traveling』
    元ちとせ:『ワダツミの木』
    Dragon Ash:『Life goes on』
    GLAY:『Way of Difference』
  • 2002:アルバム
    宇多田ヒカル:『DEEP RIVER』
    浜崎あゆみ:『I am…』
    MONGOL800:『MESSAGE』
    MISIA:『MISIA GREATEST HITS』
    小田和正:『自己ベスト』
  • 2003:シングル
    SMAP:『世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)』
    福山雅治:『虹/ひまわり/それがすべてさ』
    宇多田ヒカル:『COLORS』
    森山直太朗:『さくら (独唱)』
    RUI:『月のしずく』
  • 2003:アルバム
    CHEMISTRY:『Second to None』
    浜崎あゆみ:『RAINBOW』
    B’z:『The Ballads 〜‎Love & B’z〜‎』
    桑田佳祐:『TOP OF THE POPS』
    BoA:『VALENTI』
  • 2004:シングル
    平井堅:『瞳をとじて』
    Mr.Children:『Sign』
    平原綾香:『Jupiter』
    ORANGE RANGE:『花』
    Mr.Children:『掌/くるみ』
  • 2004:アルバム
    宇多田ヒカル:『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』
    Mr.Children:『シフクノオト』
    クイーン:『クイーン・ジュエルズ 〜ヴェリー・ベスト・オブ・クイーン〜』
    EXILE:『EXILE ENTERTAINMENT』
    浜崎あゆみ:『Memorial address』
  • 2005:シングル
    修二と彰:『青春アミーゴ』
    ケツメイシ:『さくら』
    Mr.Children:『四次元 Four Dimensions』
    ORANGE RANGE:『* 〜‎アスタリスク〜‎』
    GLAY×EXILE:『SCREAM』
  • 2005:アルバム
    ORANGE RANGE:『musiQ』
    ケツメイシ:『ケツノポリス4』
    平井堅:『SENTIMENTALovers』
    Def Tech:『Def Tech』
    EXILE:『PERFECT BEST』
  • 2006:シングル
    KAT-TUN:『Real Face』
    レミオロメン:『粉雪』
    修二と彰:『青春アミーゴ』
    山下智久:『抱いてセニョリータ』
    KAT-TUN:『SIGNAL』
  • 2006:アルバム
    平井堅:『Ken Hirai 10th Anniversary Complete Single Collection ’95-’05 歌バカ』
    倖田來未:『BEST 〜‎second session〜‎』
    コブクロ:『ALL SINGLES BEST』
    Def Tech:『Catch The Wave』
    B’z:『B’z The Best “Pleasure II”』
  • 2007:シングル
    秋川雅史:『千の風になって』
    宇多田ヒカル:『Flavor Of Life』
    コブクロ:『蕾(つぼみ)』
    嵐:『Love so sweet』
    KAT-TUN:『Keep the faith』
  • 2007:アルバム
    Mr.Children:『HOME』
    倖田來未:『Black Cherry』
    コブクロ:『ALL SINGLES BEST』
    アヴリル・ラヴィーン:『ベスト・ダム・シング』
    浜崎あゆみ:『A BEST 2 -WHITE-』
  • 2008:シングル
    嵐:「truth/風の向こうへ」
    嵐:「One Love」
    サザンオールスターズ:「I AM YOUR SINGER」
    GReeeeN:「キセキ」
    羞恥心:「羞恥心」
  • 2008:アルバム
    EXILE:『EXILE LOVE』
    安室奈美恵:『BEST FICTION』
    コブクロ:『5296』
    EXILE:『EXILE CATCHY BEST』
    宇多田ヒカル:『HEART STATION』

人口問題

English | 日本語

  • 1951(昭和26年): 出入国管理及び難民認定法施行
  • 2004年12月10日 (平成16年): 「Action Plan for Prevention of Terrorism」
  • 2007年10月1日 (平成19年):日本の人口が1.2777億人に達する
  • 2008年 (平成20年):日本の人口が減って始まる
    平均結婚する年は(男30.2歳、女28.5歳)
    日本人の平均寿命は(男79.29歳、女86.05歳)
  • 2009年4月6日 (平成21年):日本にいる出稼ぎにきた外国人を強制退去される予定
  • ~2050年:研究による、2050年まで日本の人口が9、515万人に減るそう

ジュン·ウォンホ

Won chillin'

Japanese | English

私はウィリアム・アンド・メアリー大学の四年生です。せんこうは経済学です。私の趣味はばそこんとそうじです。私が一番好きなことは日本のファッションマガジンをみることとおんがくをきくことです。

日本語を勉強した理由は大学卒業の後で、日本の会社に働きたいからです。そして日本の文化について知りたい日本にかんしんがたかいからです。日本ごは私が今で勉強した科目の中で一番出来るのです。こんがっき、日本「ポストバブル」のファッションを研究したいです。

年表

English | Japanese

  • 1970年 (平成17年) 有名なファッションブランド, Pink House, Milk, Angelic prettyのような服が売れ始めながら今日のロリタ基準に認識された
  • 1987 (昭和53年) コスプレのファンイベントが日本ではじめた。
  • 1997年 (平成9年) ファッション雑誌「プルト」がファッションのトレンド整理しました
  • 1998年 (平成10年) あきはばらで多くのアニメーションやコースプレカフェーがファンに提供した。
  • 2001年 (平成13年)「Gothic & Lolita Bible」という雑誌はスタイルをさせて標準化させた

年表:「負け犬の遠吠え」

English | Japanese

o   1966年 (昭和41年)順子酒井は東京に生まれる

o   1985年 (昭和60年)男女雇用機会均等法

o   2000年 (平成12年)セックス・アンド・ザ・シティ」というドラマは日本で放映し始め られた。

o   2003年 (平成15年)酒井の「負け犬の遠吠え」というエッセイは刊行した

o   2004年 (平成16年)負け犬という言葉は新語・流行語大賞のトップテン入り

o   2005年 (平成17年)香山リカの「結婚がこわい」という本は刊行した

o   2008年 (平成20年)「負け犬の遠吠え」というドラマは日本で放映された

 

 

 

Timeline: Makeinu no Toboe

English | Japanese

 

o    1966: Junko Sakai is born in Tokyo

o    1985: Japanese Equal Employment Opportunity Law is passed

o    2000: Sex and the City television show begins satellite broadcast in Japan

o    2003: Sakai’s Makeinu no Toboe (Howl of the Loser Dogs) essay is published in Japan

o    2004: The word “makeinu” becomes one of the top ten winners in the annual Japanese “Prize for New and Popular Words”

o    2005: Rika Kayama’s Kekkon ga Kowai (Marriage is Frightening) book is published in Japan

o    2008: Makeinu no Toboe television drama broadcast in Japan

 

 

「幸福の科学」・年表

English | Japanese

  • 1860時代・幕末時代:天理教と黒住教と大本教も創立した。
  • 1946年・昭和21年:昭和天皇が人間宣言という新日本建設に関する詔書,を言い切たので、国家神道が終わらせていった。
  • 1956年・昭和31年:日本の徳島市で大川隆法が生まれた。
  • 1981年・昭和56年:大悟から、「エル・カンターレ」という「幸福の科学」の宗教が諸説統合できる呼称した本尊、が大川隆法に「幸福の科学」の宗教的使命を言っていた。
  • 1984年・昭和59年:麻原 彰晃がオウム真理教創立した。
  • 1986年・昭和61年:幸福の科学創立される
  • 1994年・平成6年「ノストラダムス戦慄の啓示」という映画が公開
  • 1995年・平成7年:地下鉄サリン事件。
  • 1997年・平成9年:「ヘルメス愛は風の如く」という映画が公開
  • 2000年・平成12年:「太陽の法」という映画が公開
  • 2003年・平成15年:「黄金の法」という映画が公開
  • 2006年・平成18年:「永遠の法」という映画が公開
  • 2008年・平成20年:他国で、幸福の科学がローマつづり「Happy Science」に変わった。
  • 2009年・平成21年:創立したばかり幸福実現党」が大川隆法首相指名した。日本中に三十党精舎があるし、二百党分極(という何となくお寺みたい場所h)のもある。

Video: Prof. DiNitto discussing her topic

YouTube Preview Image

Ijime, a Timeline

English Japanese

  • 30 October 1890: The Imperial Restrict on Education was issued, outlining post-shogunate goals for Japanese education including producing students who thought alike, acted alike, and had the same store of knowledge.
  • Late 1800s- 1945: According to the Imperial Restrict on Education, Japanese students were educated in a strict system focusing on rote memorization, uniformity, and reverence to the Emperor and the Empire of Japan.,
  • 1970s (post-war Japan): Students began to rebel against this education system by acting violently against fellow students, teachers, and school property.
  • 1980s- 1990s: Japanese students who had been educated abroad began to return to Japan and became targets for bullying by both students and teachers alike for being inherently “different,” because of their foreign views and behavioral patterns.
  • 1992-1996: The number of Ijime (bullying)-related arrests fluctuated at an alarming rate.
  • 1998: The National Diet took action calling for reforms that would end “mind-numbing” and competitive examinations that students were required to take.
  • November 2006: In the span of just 4 days, a string of 5 student suicides across Japan was reported; all cases were linked to bullying.
  • Present: Abuse has taken the form of “Cyber Bullying” in an attempt to bring the bullying outside of school jurisdiction and hide it from the authorities. Methods such as text messages and internet bulletin boards are used to ridicule, torment, and harass students and teachers.